4月7日、本年度初回の淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク(イタセンネット)の定例保全活動に参加しました。松愛会大阪市内支部会員は常連の山根さん初参加の塩崎さんと末次の3人で、パナソニックエコリレージャパンの山口さんも加わり全体では36人が参加しました。当日は曇り空の強風で体感温度は6~7度の寒さでした。
イタセンパラは天然記念物並びに国内希少野生動植物に指定されているコイ科タナゴ亜科に属する淡水魚です。今頃は2枚貝の中で仔魚として過ごしていて、水温が20度を超える5月中旬頃より貝から出て泳ぎだします。
今回ワンド内で5回地曳網をしましたが、思ったほど外来魚は捕獲できず一安心しました。パナソニックのメンバー4人はもっぱら河原や水辺のごみの収集に励みました。
支部の行事予定表をご覧いただき一度見学にお越しください。保全活動の場所は城北公園に架かっている菅原城北大橋の淀川左岸の橋の下の河川敷です。

末次憲行